年度採用

TOP > 宮島の働き者 > 南部 明

どこにも転がっていない閃きをカタチにするのが私たちの誇りです

柔軟な対応力

設計において同じモノはごく僅かです。なぜなら、製品ごとに個別の対応が必要だからです。対応できなければお客様は他社に行ってしまいます。設計をする上で柔軟な対応は必須です。また、量産が始まっても様々な問題が発生します。人的ミスや材料の不具合、納期や急な仕様変更などもあります。そのような問題が発生した場合でも、その時できる最良の対応をしています。
人は常識・先入観・価値観などに流れやすい生き物です。常に今ある物・している事に疑問を持ち、あらゆる角度から考える事が大切だと思います。設計開発はもちろんのこと、改善活動・システム構築・各種プロジェクトなど、様々な場面で必要な考え方です。その時ない物、まだやっていない事を見つけ出し、改善・改良・改革に繋がるように行動することを大切にしています。

変化し続ける宮島

当社は、現状に満足せず常に先を見据え、より良い方向へ進むための努力をしています。社内強化への取り組みや各種研修などもベテラン・中堅・若手と皆が参加しています。経営計画発表会や忘年会・社員旅行などでは若手が一丸となって盛り上げてくれています。社員全員が、明るく楽しく仕事に取り組める環境が宮島の大きな魅力です。 前職は食品製造業でしたが、製造ラインの改善や修理で物を作成することが多かったので、設計に興味がありました。設計職で転職先を探しましたが、中途採用の設計職募集は基本的に経験者のみだったため、なかなか見つかりませんでした。そんなとき経験不問で設計職を募集していたのが宮島でした。初めて見たときは、宮島という社名のインパクトが大きかったので普通の会社なのか疑った記憶があります。

変化し続ける宮島

当社は、現状に満足せず常に先を見据え、より良い方向へ進むための努力をしています。社内強化への取り組みや各種研修などもベテラン・中堅・若手と皆が参加しています。経営計画発表会や忘年会・社員旅行などでは若手が一丸となって盛り上げてくれています。社員全員が、明るく楽しく仕事に取り組める環境が宮島の大きな魅力です。 前職は食品製造業でしたが、製造ラインの改善や修理で物を作成することが多かったので、設計に興味がありました。設計職で転職先を探しましたが、中途採用の設計職募集は基本的に経験者のみだったため、なかなか見つかりませんでした。そんなとき経験不問で設計職を募集していたのが宮島でした。初めて見たときは、宮島という社名のインパクトが大きかったので普通の会社なのか疑った記憶があります。

「売れるもの」を開発する

私が入社した10年前に比べて会社の規模も大きくなってきました。ですが、さらにもう一段階発展するためには社内強化をする必要があります。現在は社内体制を見直し、様々な取り組みを行っている段階ですが、数年後には必ず良い結果を出し、5年後、10年後の更なる発展に繋げます。
設計開発部としては、とにかく「売れるもの」を開発することです。何が売れるかはやってみないと判りません。
沢山失敗するかもしれませんが、製造に携わっている者として「売れるもの」を開発することは終わりなき目標です。

Copyright MIYAJIMA CO.,LTD. All Rights Reserved.